オーダーメイドの靴を作る際のポイント|自分に合った靴を作ろう

「オーダーメイドの靴を作るつもりなのだけれど、何に注意して作ればいいのか分からない」
「自分に合った靴をオーダーメイドで作りたい」
このように考えている方は多いのではないでしょうか。
靴屋に売っている靴が自分に合わないという方は多いです。
そこで今回は、そのような方のためにオーダーメイドの靴を作る際のポイントについてご紹介していきます。

□オーダーメイドの靴を作る際のポイント

オーダーメイドの靴を作る際のポイントは以下の通りです。
1つ1つ見ていきましょう。

*靴のサイズに注意する

靴のサイズについてですが、左右で足のサイズが違う人がいます。
このような人も、左右の足のサイズが同じ人と同様に左右同じサイズの靴を履いていることが多いです。
そして、サイズの合わない靴を履いていると、足に痛みが出てきてしまうことがあります。
そのため、左右の足のサイズが違う人は、左右で靴のサイズを変える必要があります。
また、足のサイズは体重の増減によって変わったりすることがあるので、定期的に自分の足のサイズを計測すると良いでしょう。

*靴の幅

人によっては足の横幅がかなり大きい人がいます。
そのような人が、足の横幅が普通の幅の人と同じような靴を履いていては窮屈に感じてしまい、ストレスの原因になったり、足を痛めたりすることにつながる場合があります。
そのため、足の横幅が大きい人は、横幅の大きい靴を履くようにすることが大切です。

*アーチライン

靴のアーチラインと足のアーチラインが大きく違っていると、足を痛める原因になります。
アーチラインが自分の足と合っていることで、体を支えてくれます。
そのため、靴のアーチラインと自分の足のアーチラインを合わせるようにしましょう。

*職人に要望を的確に伝える

自分が何に悩んでいるのかについて職人に伝えることで、理想の靴に出会える可能性が高くなります。
自分の要望を具体的にして、店に向かうようにしましょう。

*かかとを支える部分がしっかりしているかどうか

かかとがしっかりしている靴を履くことは大切です。
足に合った靴を履くために、かかとがしっかりしている靴をオーダーメイドしましょう。

□まとめ

オーダーメイドの靴を作る際のポイントについてご紹介しました。
靴のサイズや靴の幅などに敏感になり、自分に合った靴をオーダーメイドしましょう。
当店は近畿地方圏内でありましたら、出張サービスを行っております。
また、大阪府内でしたら無料となっております。
出張サービスを希望される方はお気軽に当店までご連絡ください。
みなさんの当店のご利用を心よりお待ちしております。