オーダーメイドで作れる靴のデザインとは?大阪の靴専門店が解説

靴は我々の日常に欠かせないアイテムです。
既製品でサイズを合わせて購入するのが一般的ですが、近年特に目立っているのはオーダーメイドです。
自分の足にぴったりとフィットする世界にたった1つのシューズは、お店に並んでいるたくさんのそれとは履き心地がまるで違います。

□まずは足形

オーダーメイドの靴はまず、足形を取ることから始まります。
それをもとに作っていきますが、ただ足を測って作れば良いというものではありません。
それぞれの悩みやシューズに対する考えなどをカウンセリングしていくのも特徴です。
丁寧に作り込んでいきます。

履くものに対する悩みや考えは人によって全く違います。
数字だけで作るのではなく、トラブルを解決するという意味でもカウンセリングは重要です。
お客様のことをよく知り、気持ちに寄り添うことが良い靴を完成させるための必須条件とも言えます。
フィットしていないシューズだと、健康に支障をきたすこともありますし歳を重ねた後に不調となって現れることもあります。

□姿勢や歩き方も変える?

オーダーメイドで作ったシューズは、履いている人の姿勢や歩き方も変えてくれるのが特徴です。
颯爽と美しく立ったり歩いたりすることができるようになります。
そして、オーダーである以上自分の理想的な形や色を体現することが可能です。
いくら快適な履き心地であっても、デザインが格好良くないとファッションとしては成り立ちにくいですし、履きたくなくなってしまいがちです。
オーダーメイドなら納得がいくまでこだわった一品を作ることができます。

□理想を形にできるオーダーシューズ

オーダーシューズのデザインは、考えている通りのものを作れると言っても過言ではありません。
あらゆるデザインに対応できる柔軟性が、専門家のオーダーメイドにはあります。
このような靴を作りたいという確固たるイメージが出来上がっている人はもちろん、ぼんやりとイメージしているだけでも構いません。
お客様とフィッターがともに一足を作り上げていくという印象です。

例えば、今まで履いていた気にいってたもののデザインや実際の現物、写真などで希望を伝えることもできます。
カジュアルからフォーマルまで理想通りの、世界に1つのオーダーシューズです。
ビジネスマンの足元を支えるフォーマルなものを求める人もいれば、シークレットシューズの依頼をするお客もいます。
ゴルフシューズや、普段履きのおしゃれな革靴まで、あらゆるシューズを提供することができるのが、オーダーの強みです。
履いていることで足元からの健康を守れるというだけではなく、精神的な落ち着きや自信をも履いている人にもたらしてくれます。