初めて靴をオーダーメイドする方へ!出張サービスとは?

近年は、自分の足のサイズに合ったものだけでなく、足の形に合わせた靴をオーダーメイドする人が増えています。
人によって足の形は様々であり、ジャストフィットする既製品のものは少ないのが現状です。
サイズ感だけでなく、形状も自分の足の形に合わせることが出来るオーダーメイドシューズは、出張サービスも行われています。

□出張サービス

出張サービスでは、オーダーした人のところへ職人が出向き、どのような靴を作るかを注文者からヒアリングをしていきます。
足の形に合わせたものが作れるという点がオーダーの魅力であるので、足のサイズだけでなく、形状も把握するために足の型取りを行います。
それにより、足の長さだけでなく、足の幅や甲の高さ、指の広がりなどを細かく知ることができるのです。
注文者の足の型取りが終わりましたら、どのようなデザインのシューズとするのかを打ち合わせします。

シューズには様々なデザインがあります。
まず、素材をどのようなものにするのか、そして、どのようなスタイルのものとするのかを細かく決めていきます。
それも出張サービスの場合は注文者が店舗に出向く必要はありません。
職人が注文者の元へと出向いて相談と打ち合わせをします。そ
して、注文者の要望をしっかりとヒアリングして、具体的な靴の形を作り上げていくのです。

□完成には数か月

注文者から使う素材やその色合い、ブーツやスリッポン、サンダルやミュールなどといったシューズのスタイルをヒアリングした結果を、注文者から型取りをした足の形に合わせて、職人が形にしていきます。
全てが手作業となるため、注文者がオーダーをしてから靴が完成するまでに数ヵ月を要する場合もあります。
縫製など細かい部分まで全て手作業で丁寧に行われるため、非常にクオリティが高いものが出来上がります。
熟練の職人技による手作業ですので、妥協を許さない作業となるのです。

□完成後は

職人による手作業で作り上げたシューズが完成したら、それを注文者が店舗に取りに行くことも可能ですし、発送して届けてもらうことも可能です。
もしくは、職人に届けてもらうことも可能です。
職人としても、実際に自分で届けて、注文者の足のサイズ、形状に合ったものであるのか、注文者の満足するスタイルのものとなっているのかを確認する必要があります。
そのため、職人が直接届けてくれる場合が多いです。
注文者が試し履きをして、足にしっかりとジャストフィットして、デザインも要望通りに仕上がっていれば、その時点でオーダーメイドが完了します。
これが靴のオーダーメイドの出張サービスの概要となります。