靴のかかとのすり減りの原因と対策について紹介します

「靴のかかとや靴底の部分がすり減ってしまって歩きづらい」
このような悩みを持っている方もいるのではないでしょうか。
かかとのすり減りは仕方ないと諦められがちですが、原因がしっかりとあり、それを防ぐこともできます。
そこで今回は、靴のかかとのすり減りの原因と対策についてご紹介します。

□靴のかかとのすり減りの原因

靴のかかとのすり減りの原因は、歩き方や靴の形状にあります。
ここでは、特に歩き方に注目します。

まずは、歩き方ですが、かかとを擦って歩いてしまっている可能性があります。
若いときに擦って歩くことが癖になり、そのままの歩き方が原因となっていることがあります。
この場合、靴へのダメージもありますが、歩き方が正しくないことによる身体へのダメージがある場合もあります。

また、筋力の衰えにより足が上がりきらずに擦ってしまっていることもあります。
この場合は、意図的に足を擦ろうとしていなくても起こってしまいます。

この状況が原因で、地面のちょっとした突起に引っ掛かり転んでしまうケースもあるので危険です。

□すり減った靴を使い続けると

すり減ると踏ん張りがききにくくなり、危険です。
それが原因で、マンホールなどの上の滑りやすい場所で転んでしまったり、雨や地面が凍結している日に滑りやすくなってしまいます。
予期せぬ転倒は怪我に繋がりやすいです。
年齢に関係なく怪我をする可能性があるので、注意が必要です。

□すり減りを起こさないための対策

*歩き方を変える

歩き方が原因となり、すり減っている場合は、歩き方を変えることで解決できます。
意識的に普段の生活から足を擦らないように歩きます。

始めは慣れずにストレスに感じてしまうこともあると思います。
しかし、ある程度すると慣れて何も感じなくなるので、一度試してみてください。

*筋力をつける

筋力をつけることでもすり減りを防ぐことができます。
足が擦ってしまう原因の1つに足が上がっていないことがあります。
そこで、筋力をつけることで上げやすくします。

*オーダーメイドで靴を作る

歩き方を変えることや、筋力を使うことは比較的に努力を必要とする部分が大きいため、嫌がる方もいるのではないでしょうか。
そんな方におすすめなのが、オーダーメイドの靴です。
靴を擦らずに歩くような形にしたり、軽い生地を使うことで必要とする筋力を少なくして擦りにくくすることが可能です。

□まとめ

今回は、靴のかかとのすり減りの原因と対策についてご紹介しました。
すり減った靴を履き続けるのは危険です。
さらに、歩く習慣を変えるのには手間がかかります。
オーダーメイドの靴はその対策の一つです。
靴かかとのすり減りに困っている方はぜひ、オーダーメイドの靴を検討してみてください。