オーダーメイドの靴を注文する時の流れとは?

「自分に合った靴が欲しいからオーダーメイドの靴が欲しいけど、どうやって注文したらいいのか分からない」
数多くの種類がある靴を市販で済ませちゃうという方がほとんどであることから、実際にオーダーメイドをしようとなるとこのような疑問を持つ方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、オーダーメイドの靴を作るときの注文の流れについてご紹介します。

□オーダーメイド靴の注文の流れ

*業者を選ぶ

まずは、オーダーメイドの靴を依頼する業者を選びます。

選ぶときに使えるのがWEBページなどです。
WEBページに書いてある内容や実績、料金などを見て判断します。
また、口コミや知り合いからのおすすめがある場合は、その情報も参考にするといいかもしれません。

*申し込み

業者選びができたら、電話かオンラインにて申し込みを行います。
靴を作るには足の形を測る必要があるため、測る日程を予約します。

*サイズを測る

予約ができたら、プロの職人に足のサイズや形を測ってもらいます。
これにより足の形が特殊な場合や、左右の足の形、大きさが違う人も自分に合った靴を作ってもらうことが可能になります。

*ヒアリングを行う

サイズ、形を測ると同時にヒアリングを行ってもらいます。
どのような靴にしたいのか、普段どのような歩き方をしているのか、靴に関する悩みなど様々なことをヒアリングしてもらいます。
このヒアリングの情報も靴を作るのに活かされるため、足の形以外の条件でも自分に合った靴になります。

*見積もりを出す

次に、測ってもらった情報や、ヒアリングを基に靴の見積もりを出します。
この際、制作料を事前に支払う必要があります。

*靴を作ってもらう

職人に実際に靴を作ってもらいます。
デザインや要望によって異なりますが、約1ヶ月から2ヶ月ほどで靴が完成します。

*受け取り

靴が完成して、連絡が来ると、オーダーメイドの靴を受け取りにいきます。

*調整する

受け取りのときに試しに履いてみて、違和感があったり、満足できない点がある際はしっかりと修正をしてもらいましょう。
これにより、本当に自分に合った靴を手に入れることができます。

□まとめ

今回は、オーダーメイドの靴を作るときの注文の流れについてご紹介しました。
オーダーメイドの靴はメリットが多いですが、作るのにどのようにしたらいいのか分からない方が多いと思います。
オーダーメイドの靴を作りたいけど、その方法が分からなかったために作れなかったという方は、ぜひこの記事を参考にしてください。