自分の足に合っていない靴を履く危険性とは?

靴には様々な種類が存在します。
どの靴も目的に合わせたデザインを施されているので、使う場所や人によって履くべきものは変わり、好みも人それぞれです。
しかし、中には自分の足に合っていない靴を履いているという方もいるのではないでしょうか。
実は、この状態で履き続けると多くの危険性があります。
そこで今回は、自分の足に合っていない靴を履き続ける危険性をご紹介します。

□合っていない靴の危険性

*怪我をする可能性

靴と足の形が合っていないと、足に負担がかかり怪我をしたり、足が靴の中で動いてしまい怪我をする可能性があります。

例えば、足の爪が割れたり、内出血したり、かかとを痛めたりします。
よく耳にする症状ですが、一つの原因として靴が合っていないところにあります。

*身体が歪む危険性

合わない靴を履いていると、無理をして歩かなければいけません。
その結果、身体が歪んでしまうことがあります。
身体の歪みは直接的に害を及ぼすことは少ないですが、歪みが原因で身体節々が痛くなったり、他の病気の原因につながることがあります。
また、見た目にも大きな影響を及ぼします。
このように、身体の歪みは様々なデメリットをもたらすため、注意が必要です。

*疲れがたまる危険性

靴が合っていないと疲れがたまる原因につながります。
疲れがたまりやすくなると、普段の生活に影響します。
仕事の生産性が落ちたり、長距離の移動がしにくくなったりなど悪いことが多く存在します。

また、疲れの原因を靴と判断しにくいことも危険です。
疲れの原因が分からないために、疲れが解消しなくなります。
疲れがたまりやすいけど原因が分からない方は、靴を一度疑ってみてください。

□自分に合った靴を作る方法

自分の足に合った靴と言っても、市販のものでは見つからなかったりと困っている方もいるのではないでしょうか。
そんな時は、オーダーメイドで靴を作ることがおすすめです。
オーダーメイドは、職人が靴を足に合わせて作ってくれるので、自分の足に合ったものを作ることができ、靴が合わないという不安を改善してくれます。

□まとめ

今回は、自分の足に合っていない靴を履き続ける危険性をご紹介しました。
自分の足に合っていない靴を履いた場合、様々な危険性をともなう原因につながります。
その問題を解決できるのがオーダーメイドの靴です。
オーダーメイドの靴はプロの職人が人それぞれの足に合わせて靴を作ります。
そのため、自分の足に合った靴を手に入れることができます。
今の靴が合っていないと感じている方は、ぜひオーダーメイドの靴を検討してみてはいかがでしょうか。