靴が合っていなくてかかとが痛いときの対策とは?

「靴が合わなくてかかとが痛い」
このように、靴が合わないことから伴う痛みに悩まされている方もいるのではないでしょうか。
靴が原因で足を痛めてしまうことがあり、一度痛めてしまうとなかなか治りにくいです。
かかとを痛める原因は、かかとに何らかの負荷がかかっているからです。
そのため、足の負担を軽減する対策をし、心地よく歩けるようにすることが大切です。
そこで今回は、靴が原因でかかとが痛むときの対策についてご紹介します。

□クッションを入れる

1つ目は、靴の中にクッション素材を入れる方法です。
かかとのところにクッション素材を入れることで、負担を吸収させることができます。
これにより、かかとへの負担が減り、痛み対策になります。
また、靴のサイズが大きく、靴の中で足が動くことによる足への負担は、中敷きを入れることで解消できる場合もあります。

□靴下を分厚くする

2つ目は、靴下を分厚くする方法です。
仕事で靴を履くけど、脱ぐためにクッションを入れられない人などにおすすめです。
靴下を分厚いものにすることで、クッションの代わりのような働きをしてくれます。
また、サイズが大きい場合などもこれで解決することができます。

□靴を買い替える

3つ目は、靴を買い替えることです。
これは一番費用がかかってしまいますが、費用よりも普段からの痛みがストレスになることや、怪我の悪化を考えると買い替えることも選択肢として重要です。
ここで重要なのは、むやみに買わないことです。
足を痛めた靴のどこが良くなかったのかをしっかりと把握することから始めましょう。
かかとを痛める原因となっていた靴を避けて選ぶことで、2回目の失敗を防ぐことができます。

□オーダーメイドの靴を作る

足を痛めた原因が分からないこともあると思います。
しかし、同じ失敗を繰り返したくもありません。
そんなときにおすすめなのが、オーダーメイドで作る靴です。
オーダーメイドで作ると、自分の足に合った靴を作ってもらえるので、失敗して再び怪我をすることを防ぐことができます。
また、手頃な価格で作る方法もあり、怪我で病院などに行くことを考えると安いです。

□まとめ

今回は、靴が原因でかかとを痛めてしまうことの対策についてご紹介しました。
靴は、ほぼ毎日履くものです。
一度痛めてしまうと、毎日痛い思いをすることになり、治りにくくもなってしまいます。
そのため、痛めてからの対策も重要ですが、痛めないように事前に対策することも重要です。
今は痛めていないけど、違和感がある、痛めたくないと思っている人もオーダーメイドの靴などの対策を検討してみてください。