足幅が広い大阪の方必見!靴選びのポイントをご紹介

足の形のせいで靴選びに困っている方はいらっしゃいませんか?
自分の足の形にあった靴を選ぶことは歩き方などにも関わるのでとても重要です。
しかし、自分にあった靴の選び方を知らない方も多いと思います。
そこで今回は、足幅が広い人のための適切な靴選びについてご紹介します。

□なぜ適切な靴を選ぶ必要があるのか

そもそも、どうして自分にあった靴を選ぶ必要があるのでしょうか。
例えば、靴の選び方を知らない方は自分の足の幅が広いからといってワンサイズ大きい靴を選んだりします。
しかし、これは間違いです。
この選び方では、ますます足の幅が広くなってしまう可能性があります。
さらに、足の幅が広くなってしまうと、歩く時の衝撃を推進力に変える作用がなくなるので、歩くのが遅くなったり、歩き方が変になったりします。
あるいは、衝撃が吸収されなくなり腰痛や膝の痛みにつながります。
そのため、正しく靴を選ぶことは大切です。

□ひも靴などを選ぶ

足の幅が広い人におすすめなのがひも靴を選ぶことです。
ひも靴以外でも、足の甲のフィット感を調節できるものなら何でも大丈夫です。
ひもをしっかり締めていれば、足と靴が面で接するようになり、また、足の靴の接する面積が増えればそれだけ足が広がる方向の力を抑えることができます。
実は、足はその日の体調や活動によって常に変形しています。
そのため、靴を履く際は毎回靴ひもを結び直して、靴のフィット感をその日の足にあったものにしましょう。

□オーダーメイドの靴

足の幅を広くしないためにはひも靴などで締めることが有効だとわかっていても、実際やってみると違和感を覚えてたり、締め付けに不安を覚える人もいらっしゃるかもしれません。
そんな方たちにおすすめなのがオーダーメイドの靴を選ぶことです。
オーダーメイドで靴を作ると、オーダーメイド矯正インソールなどを使用することで足首を正しい位置で固定して、足のアーチの崩れを防止することができます。
この矯正インソールを使用すると、足のアーチを理想的な形に矯正することができるので、外反母趾などの足の変形の予防に効果的です。

□最後に

今回は足幅が広い人のための適切な靴選びについてご紹介しました。
足幅が広いからといって大きめのサイズを買ってしまうと、逆に足幅が広くなってしまい、膝の痛みや腰痛にもなってしまいかねません。
ひも靴を選ぶことも方法の一つですが、理想はオーダーメイドで自分にあった靴を作ることです。
あなたも自分にあった靴を作ってみませんか?
オーダーメイドの靴のことはぜひ私たちにご相談ください。